レンタルサーバーを乗換えるのは相当な労力が必要です。会社で利用していたらなおさらです。会社のHP、メール、そして業務連絡用のグループウエアなど・・・ これらの移行を社員様でするには本来の仕事を1か月くらい滞るのではないでしょうか? この大変な労力を金額に直すと少なくとも数十万円の損失になります。 この金額がレンタルサーバーの乗換えタイミングの見極めの基準になります。 レンタルサーバーを乗換えて数十万円の得が見込めなければなりません。 これは月額利用料だけの話ではありません。 高性能なサーバーに乗換えることによるアクセス拡大に伴う増益など様々なことが考えられます。莫大な宣伝費をかけるのに月額1000円のサーバーではバランスが悪すぎます。アクセスアップがあってもそのリクエストに答えられなければお金を捨てるようなものです。
それでは、見極めの指針を以下にまとめてみます。

1.現在のアクセス数でサーバーの性能が十分でなく、エラーがすぐに発生してしまう状態
=> すぐにサーバーの乗換が必要です。大事なクライアントが逃げていきます。

2.他に低価格なサーバーがあり、魅力的である。
=> サーバーは価格だけではありません。低価格で良いサーバーは少ないです。それなりであると考えてください。しかし、3年~5年以上前に借りたサーバーの場合は、サーバー環境の変化とサーバー機の基本性能の変化から、低価格化と高性能化のバランスから乗換費用に十分なプラス要素が発生していることがあります。また、古い環境でDBを利用していると最新のDBに乗換えることが困難になってきます。2世代前のDBデータを移行する場合は相当な労力又は費用を覚悟する必要があります。判断が難しい場合もありますので、HPmoveにご相談ください。 無料見積りいたしますので、検討してみてください。

3.オーバースペックなサーバーを借りてしまい、もう少し低価格でお手軽なサーバーを利用したい。
=> 景気がいいときに専用サーバーを借りたが、会社照会のHPとメールくらいしか使っていない等の場合、すぐに引越をした方がいいとおもいます。月額数万円程度の節約が可能です。会社照会HP程度なら低費用で乗換できます。すぐに元が取れます。

HPmoveでは無料で現在の状況を診断し、乗換えるべきか、利用継続するかを調査いたします。お気軽にご相談下さい。